眠気 ニオイ

眠気 吐き気

 

いくら寝ても眠くて、いくらでも眠れる感じでした。

 

夜早く寝て朝ゆっくり起床してみ日中にまた眠くなりました。

 

横になればどこでも眠れる状態でした。

 

仕事をしていなかったので眠気を感じた時は寝てました。

 

仕事をしていたら眠い時に寝ることはできませんからその点は仕事をしていなくて助かりました。

 

吐き気に付いては私は軽いほうだったと思います。

 

実際に吐いたこともありませんので。

 

ただ食べ物の匂い、特に揚物等の油っぽい匂いを嗅ぐと気持ちが悪くなりました。

 

主人と天丼屋さんに入った時に気分が悪くなって私は少ししか食べれなかったです。

 

飲食店の前を通る時はハンカチで匂いを嗅がないようにしたりしてました。

 

それから主人の匂いが気持ち悪くなりましたね。

 

主人の仕事終わりの脂っぽい匂いや主人の枕の匂いそういったものを嗅ぐと気分が悪くなりました。

 

主人だけではなく男性の匂いというんでしょうか?男性の汗のような匂いがダメになりました。

 

女性は大丈夫なんです。

 

 

妊娠中に必要となる葉酸サプリですが、添加物だらけの商品も存在しています。
葉酸サプリ、添加物は危険?→http://www.venturachiropractor.org/entry2.html

 

高齢出産となる方にとって、葉酸サプリはさらに必要になるものです。
35歳からの妊娠に危険はつきものですので、リスクや対策についてしっかりと知識をつけておきましょう。

眠気とニオイが敏感に

 

眠気に関してはもう受け入れてました

 

仕事をしていなかったので眠いと感じたときは寝ていました。

 

夜から一度も起きずに、昼すぎまで寝ていたこともあります。

 

主人の枕の匂いがダメになったのですが、それはもう触らないようにしてました。

 

触らずに嗅がずに洗濯機に入れてましたね。

 

洗濯物を分けるとこまではしなくても大丈夫でした。

 

吐き気に関しては私は軽いほうでしたので、日常生活で困ることはありませんでしたが

 

外出先で気分が悪くなりそうな時のために、ミント系飴やガムを食べていました。

 

龍角散のど飴などをよく食べていました。

 

そうするとスッキリして気持ちが悪くなったりすることはなかったです

 

食べ物の嗜好は特に変わりはなかったのですが、揚物は匂いがダメになったので食べないようにしました。

 

主人が食べたがったときは惣菜など出来合いの物を買ってきてもらうようにお願いしました。

 

そして私は別室に移り匂いを嗅がないようにしていました。

こんな記事も読まれています